お金を借りていても小銭貯金はできる~いざという時に返済に回せるかもしれない~

小銭であれば借金返済中でも貯めれる

カードローンなどを利用することによって借金が出来たら、給料などの収入は返済を最優先に考えるのが借金を残さず早く返すための秘訣ですが、全くお金を貯めれないというわけではありません。もらった収入を全て返済に回すということはなく、日々の生活費にも収入は使う必要があります。そんな日々の生活費を少しでも節約すればお札の貯金はできなくても小銭の貯金くらいは出来ないことはありません。返済中にお金を貯める意味があまりないように思えますが、そんなことはなく、少しでもお金が余ったのであればその分を貯蓄に回しておくことで返済中に急な出費が発生したときにも支払うことが可能ですし、いざというときに返済に回すこともできます。

小銭を貯めるためのコツ

小銭を貯める方法として、最も効果が高いのはやはり500円玉貯金です。500円玉貯金を積極的におこなうコツとしては買い物をして500円玉が財布に残ったらその日のうちに財布から取り出し、貯金箱など簡単に取り出せないものに入れてしまうのが一番です。また、買い物の際にわざと500円玉のおつりができるように工夫するのも早く貯めるためのコツの1つです。その他、500円に限らず一日の内、銀色の硬貨が財布に残ったら全て貯金する銀色硬貨という方法もおすすめです。この方法ならば500円玉だけではなく100円玉も50円玉も1円玉も対象となるので、毎日いくらかは貯金することができるでしょう。小銭貯金は気合いを入れて貯金するよりもなんとなく貯めていくのが一番継続できます。