借入・返済の記録をつけておこう~明細書の受取り・プリントアウトを忘れずに~

カードローンを使いすぎないようにするためには

できたらなるべく使わないようにしたいと考えている人が多い物として、カードローンがあります。きちんと返済を行うことで金融履歴の信用度を高められるのはメリットです。しかし、あまり使用頻度を高めても計画性がないと判断されないか、不安になる人も多いでしょう。大切なのは本当に困った時だけ使用し、我慢することを覚えて行動することです。使いすぎを防ぐ方法として、使用した記録をいつでも眼につくところに置くことが挙げられます。使用頻度を上げないように、いつ、どれくらい使ったのか自分で把握し、使いすぎを戒めることが肝心です。目に付くところに置き、日々確認するためには明細書を目に付くところに置くのが一番といえます。

明細書を目に付くところに置く方法

直接目に付くところに置く方法としては、パソコンを使う必要があります。カードローン会社の会員向けサイトでは、IDとパスワードを入力すると使用明細が出て来ることを知っている人も多いでしょう。既に紙の使用明細書が送られることはなくなってきており、使用明細はネットで確認する物になりました。ネットで出てきた使用明細書をプリンターを使ってプリントアウトし、壁に貼り付けたり机の上で見える位置に置く事が、使いすぎを防ぐことにつながるでしょう。スマートフォンを使っても効率よく使いすぎを防ぐことにつながります。スマートフォンのアプリではカードローン会社のアプリで使用した明細を見ることができるため、定期的に使用した月の情報を確認する癖をつければ、使いすぎを防ぐことができるでしょう。