出費増にもスムーズに対応!利用可能額を減らす方法

個人ごとの借入可能総額には上限が設けられている

カードローンでは、年収や他社借入状況、クレジットカードの利用残高などを基に、各カード会社の基準で利用可能額が決められています。一方、消費者金融業者に適用される貸金業法では、個人の借入総額を年収の3分の1以内に規制することが定められているため、家族の収入と合わせて多額の返済を実現できるとしても年収の3分の1以上の借入はできません。銀行カードローンの場合も、金融庁の指導により2017年秋以降は銀行ごとの基準で借入総額の自主規制が行われています。貸金業法の規制よりは緩やかであるものの、年収の2分の1が一つの目安といわれています。そのため、年収に比べて借入総額が多くなればなるほど審査には通りづらくなり、場合によっては利用可能額以内であっても新たな借入ができなくなるケースもあります。

出費が増えるのにあえて利用可能額を減らしておく理由とその方法

カードローンの審査では、個人信用情報を参照した上で他社のカードローンやクレジットカードの利用状況を調査しますが、借入額ゼロのローンカードを持っている場合でも、利用可能額いっぱいまで借りるという前提で審査が進められます。ローンカードでお金を借りるごとに審査が行われるわけではないからです。そのため、先に触れた総量規制の関係から利用していない融資枠(利用可能額)を返上しておくと、新たにカードローンを契約する際に審査が有利になる可能性があります。利用可能額を減らしたい場合は、各ローン会社の相談窓口に電話した上で「利用可能額を減らしたい」と伝えるだけで手続き可能です。ただし、利用可能枠を減らした後に借入金利が変更となるケースがある点には注意が必要です。