一度減らした利用可能額を元に戻してもらうことはできるのか?

こんなに借りないという理由で客から限度額を下げてもらった場合

カードローンの利用可能額は半永久的に変わらないということはありません。たとえば、一定期間、カードローンの借り入れと返済を繰り返していると、利用実績が認められ、利用可能額を増やしてもらえることがよくあります。また、利用可能額を増やしてもらったものの、こんなに借り入れすることはないと考えた場合、客の方から申し出て下げてもらうことも可能です。借金癖があって、いつも上限いっぱいまで借りてしまうという人であれば、あえて下げてもらうのは有効といえるでしょう。では、一度、下げてもらった利用可能額を元の額まで戻してもらうということは可能なのでしょうか。条件次第ではありますが、もちろん可能です。この場合、カードローン会社に対して増枠申請をする必要があります。

貸金業者の方から強制的に下げられた場合は

場合によっては、カードローン会社から強制的に利用限度額を下げられてしまうこともあります。たとえば、契約期間中に内々で行われる審査で、客が多くの貸金業者から借り入れていることが判明したといったケースだと、貸金業者は貸し倒れのリスクを少なくするために限度額を下げるケースがよくあります。こういった場合に、再び、限度額を上げてもらうことは可能なのでしょうか。まず、限度額を下げられた原因、たとえば多重債務を解決しないまま、元に戻してもらうのはまず無理でしょう。もちろん、増枠申請を行うことは可能ですが、そこでの審査ではねられてしまいます。したがって、いくつかの債務を完済して、借入件数を少なくすることが大事です。その上で申し込みを行えば戻る可能性はあります。