月間・年間の収支予定を立てておこう~返済に回せる額を事前に知っておく~

収入と支出を理解しておく事が大事

カードローンを使っている人の中には、借り過ぎてしまい結果的に支払えない状況になる人もいます。そこで、カードローンを使いすぎないようにするためには、自分の収入と支出を把握して、どれぐらいまでならお金を借りられるのかを計算しておく必要があります。自分の月収と年収をまずは細かく計算して、後は毎月の支出を計算するとカードローンの返済にどれぐらい回せるのかが分かります。もし、計算してみてカードローンの返済に回せるのが3万円までなら、毎月のカードローンの返済が3万円を超えないように借入する額を決めていく必要があります。自分の収入と支出を把握して、計算するだけで計画的に金融サービスを利用する事が出来るでしょう。

家計簿を付ける事も大事

カードローンでお金を借り過ぎないようにするためには、自分の収入と支出を計算する事が必要ですが、家計簿を付ける事が大事になります。家計簿に自分の支出を記入していく事によって、毎月の支出について細かく理解する事が出来ます。つまり、カードローンの返済にどれぐらい回せるのかが明確になります。月によって支出が多い場合もあるので、家計簿を付ける事によって支出が多い月と少ない月も分かり、カードローンの返済にその情報を活かすことが出来るでしょう。最近では、家計簿アプリもあるので、わざわざメモ帳に記入しなくても、日頃活用している携帯電話で家計簿を管理する事が出来ます。携帯で管理していると常に自分の収入と支出の状況を見る事が出来て、カードローンでお金を借りる時の参考になります。